バタークレープの作り方レシピ

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪


スポンサードリンク

クレープの材料 バター

バター(英語 butter)とは、乳を原料とした食用油脂で乳製品のひとつである。
牛乳を原料とするのが一般的。乳中の脂肪分を凝固させて作り、常温ではわずかに黄色味をおびた白色の固体である。100gのバターを作るために原料乳は約4.8リットル必要とされる。ビタミンAをはじめ各種ビタミンや栄養素を豊富に含んでいる。

近年日本では低脂肪乳が好まれるようになり、副産物の乳脂肪は生産過剰気味と言われている。
200px-NCI_butter.jpg


----------種類----------
食塩を添加した有塩バターと添加しない無塩バターがある。また、原料乳を乳酸発酵させてから作る発酵バターと、そのまま作る無発酵バターとがある。

日本で市販されているバターは「無発酵、有塩」がほとんどであり、調味料のほか、パンなどのスプレッド、ソースの材料、ソテーの焼き油や炒め油など、幅広く使われる。無塩バターは洋菓子によく使われる。トーストやホットケーキなどに使うのも有塩のものが多いが、塩分を控えている人などや、海外の例では無塩のものを使う場合もある。

そのほか、バターの中にレーズンを入れたレーズンバターもある。クラッカーの上などにそのかたまりを乗せて食べる場合などに利用される。パセリバター、レモンバター、ガーリックバターなどもあり、オードブルのほかにステーキやカレーライスなどに添えられる。

ラーメンに使われることもある。これはラードの代わりにバターを使ったことがきっかけ。稀に香港や台湾の「ラードごはん」のように、米飯にバターと醤油をまぶして食べる人もいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』