小麦粉クレープの作り方レシピ

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪


スポンサードリンク

クレープの材料 小麦粉

クレープに必要な材料といえば、まずは小麦粉です。
材料ひとつひとつに意味がありますので、掘り下げていきましょう。

まず、小麦粉といっても、薄力粉、中力粉、強力粉・・・があります。

小麦粉は含まれる蛋白質(主にグリアジン、グルテニン)の割合と、形成されるグルテンの性質によって、薄力粉、中力粉、強力粉に分類されます。

---強力粉---
強力粉(きょうりきこ)は蛋白質の割合が12%以上のもので、パン・中華麺・学校給食で出てくるソフト麺等に使われる他、乾燥パスタは粗挽きの強力粉を用いて作られる。主にアメリカ・カナダ産の硬質小麦を使用している。焼くと硬い仕上がりになるので洋菓子には向かない。

---中力粉---
中力粉(ちゅうりきこ)は蛋白質の割合が9%前後のものでうどんによく使われるほか、お好み焼き、たこ焼きなどに用いる。主にオーストラリア・国内産の中間質小麦を使用している。強力粉と薄力粉を混ぜれば中力粉の代用とすることができるが、本来の中力粉とは加工特性がやや異なるため工夫を要する。

---薄力粉---
薄力粉(はくりきこ)は蛋白質の割合が8.5%以下のものでケーキなどの菓子類・天ぷらにつかわれる。主にアメリカ産の軟質小麦を使用している。なるべく蛋白質の含有量を抑えた方が、繊細な仕上がりになるので、蛋白質含有量の少ない超薄力粉も存在し、主に製菓に使われる。また、乾燥パスタ原料からの連想で誤解されがちなのであるが、卵を用いて生パスタを作る場合に使われるのは薄力粉である。
つまり、クレープなど繊細な料理に多用される。
食感がまず違い、舌触り等にも影響してきます。
クレープを作る際に他の材料となじみやすいので蛋白質含有量の少ないものは、作ってすぐに焼くことができる。
ただし家庭で作成する場合は、薄力粉で十分である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』