アンヌ王妃クレープの作り方レシピ

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪


スポンサードリンク

クレープの歴史 アンヌ王妃

クレープを宮廷料理として現代の小麦粉を使ったものにした人として言われているのがアンヌ・ドートリッシュ(Anne d'Autriche:1601年9月21日 - 1666年1月20日)はフランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母である。
いわずと知れた”クレープの母”である。(伝説として語られている)

180px-MariaAnnaofSpain06.jpg
---生涯---

1601年、スペイン王フェリペ3世の王女として誕生。
母は神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の娘マルガレーテ(マルガリータ)。
スペイン名はアナ・マリーア・マウリシア(Ana María Mauricia)。
フェリペ4世は弟である。

1615年11月25日にルイ13世と結婚。

1643年にルイ13世が崩御した後は、5歳で即位したルイ14世の摂政となり、ジュール・マザラン枢機卿とともに息子の代わりに政治を執った。マザランとは極秘結婚をしたと言われるほどに親密であった。
三十年戦争、フロンドの乱を戦い抜き、ルイ14世の王権樹立に多大なる貢献を果たした。
1659年にスペインとの戦争を終結してピレネー条約を結び、ルイ14世を自らの姪(フェリペ4世の王女)であるマリー・テレーズ・ドートリッシュと結婚させた。1661年、マザランの死後ルイ14世は親政を開始し、アンヌはヴァル・ド・グラース寺院に隠棲する。

1666年に死去。乳癌であったとされる。