クレープの作り方レシピ

クレープの作り方レシピをご紹介。クレープのことをもっと知ろう♪

スポンサードリンク

クレープの材料 バナナ

バナナ(甘蕉、学名Musa spp. )はバショウ科バショウ属の食用品種群の総称。幾つかの原種から育種された多年草であり、その果物である。原産は熱帯アジア、マレーシアなど。生産地はインド、ブラジル、フィリピン、エクアドルなど、アフリカ諸国でも重要な食料。




-------特徴-------
よくバナナの木と言われるように、高さ数mになるが、竹類などと同様に草本である。その高く伸びた茎のような部分は偽茎(仮茎)と呼ばれ、実際には、葉鞘が幾重にも重なりあっているものであり、いわばタマネギの球根を引き延ばしたようなものである。茎は地下にあって短く横に這う。

茎のような先端からは、長楕円形の葉(葉身)が大きく伸びる。花(花序)は偽茎の先端から出て、下に向かってぶら下がる。花序は1本の果軸に複数の果房(果段)がつき、各果房には10本から20本程度の果指から成っている。

食用バナナでは種子は消失しており、吸芽の株分けなどによって繁殖されている。生産性、栄養価は高水準だが保存には高コストとなる特性により主要作物に準じている。



-------品種-------
日本ではごく少数の限られた品種しか見かけないが、熱帯地域では多くの種類が生育・栽培されている。果皮の色をとってみても、一般的に知られるものが緑色から黄色であるが、桃色から紫まで多様である。

害虫(主にチチュウカイミバエ)の日本国内侵入を防ぐため、植物防疫法の定めにより熟した状態では輸入できないので、輸入するバナナはまだ青い緑熟のうちに収穫して、定温輸送船などで日本に運ばれる。植物防疫法、食品衛生法等の諸手続きを経て輸入通関後、バナナ加工業者の所有する加工室内でエチレンガスと温度、湿度コントロールによりバナナの熟成を促す。収穫後時間が経過するにつれて皮の表面に浮かぶ黒い斑点状のものをシュガースポット (Sugar spot) と呼び、簡単な熟成のバロメータとなる。

日本では皮を剥いてそのまま、あるいはヨーグルトに入れるなど生食が多い。牛乳や氷などとともにミキサーにかけてバナナジュースとすることもある。縁日などでは、バナナにチョコレートを掛けたチョコバナナなどが屋台の定番の一品となっている。

一方、熱帯の生産地域では料理用バナナも多く栽培されており、これを主食としている地域もある。料理用バナナは生食用バナナよりデンプン、繊維質、ビタミンA等が豊富でイモに近い感覚で調理される。日本で手に入るバナナチップス(スナック菓子の一種)は生食用バナナが使われている甘いチップスであることが多いが、バナナ生産国では料理用バナナ、生食用バナナを問わず塩味のチップスが主流である。バナナチップスはそのまま菓子として食べたり、麦酒、洋酒のつまみとしても合う。

国内における販売価格は、輸送手段の発達もあり、数十年ほとんどめぼしい上昇をしていない。一方で、近年は味の濃い高級バナナが店頭に並ぶことも増えている。

日本国内でも、南九州・沖縄を中心にバナナが栽培されている。沖縄では、普通のものよりはるかに短くて小さいシマバナナという品種もよく見かける。味は酸味がやや強くてうまいが、皮が薄くて痛みやすい。

クレープの材料 チョコレート

チョコレート(chocolate、猪口冷糖、楂古聿(最初の一文字は木偏に‘査’という字))とは、脱脂して粉末状にしたカカオを原料にして溶かして型に入れ、固めたものである。

イギリス人が固形のチョコレートを考案するまでは、チョコレートといえば飲み物を意味した。日本語では、昔は液体のものをホットチョコレートと呼び区別したが、ココアと呼ぶことも多い。しかし近年またホットチョコレートの呼び名が増えている。これは、英語圏で「ホットチョコレート」と呼ばれることが多いからであろう(マクドナルドでも「ホットチョコレート」と称している)。他の言語では、飲み物のチョコレートと固形のチョコレートを区別しないものもある(フランス語のショコラ、スペイン語のチョコラーテなど)。

----------チョコレートの規格----------
日本では、1971年(昭和46年)3月、不当景品及び不当表示防止法第10条第1項の規定に基づき、公正取引委員会の認定を受けた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によって規格が定められている。


-----カカオ成分-----
原料となるカカオ自体は苦く、日本では砂糖で甘くしたものが普通であったが、カカオに含まれるポリフェノールが注目されるようになり、2000年代に入ってカカオ比率の高い商品が各種発売されるようになった(日本国外製ではリンツ・チョコレートの「エクセレンス」、日本国産では明治製菓の「チョコレート効果」(カカオ分86%)が代表的)。しかしその味は当然ながらカカオそのものの苦味が非常にきつく(コーヒー豆ペーストを食べている感覚に近い)、従来のチョコレートの風味を期待すると酷い目に遭う。特にカカオ99%を使ったチョコの包装紙には但し書きが付くほどである。

なお、ホワイトチョコレートにはほとんどポリフェノールは含まれていないので、健康のためチョコレートを摂るのであればできるだけカカオ分が高いものにしたほうがよい。

カカオ分の表記のない製品でも、下記#チョコレートの規格である程度の判別は付く。「準チョコレート」となっているものはカカオ分がかなり低くなっている。特に駄菓子のチョコレートは多くが「準チョコレート」規格である。


-----チョコレート生地-----
--純チョコレート生地--
カカオ分35%以上・ココアバター18%以上。糖分(蔗糖に限る)55%以下・レシチン0.5%以下・レシチンとバニラ系香料以外の食品添加物無添加で、乳脂肪分以外の脂肪分を使用していないこと。水分3%以下であること。

--純ミルクチョコレート生地--
カカオ分21%以上・ココアバター18%以上。乳固形分14%以上・乳脂肪分3.5%以上。糖分(蔗糖に限る)55%以下・レシチン0.5%以下・レシチンとバニラ系香料以外の食品添加物無添加で、乳脂肪分以外の脂肪分を使用していないこと。水分3%以下であること。

--チョコレート生地--
カカオ分35%以上・ココアバター18%以上で、水分3%以下であること。

--ミルクチョコレート生地--
カカオ分21%以上・ココアバター18%以上。乳固形分14%以上・乳脂肪分3%以上で、水分3%以下であること。

--準チョコレート生地--
カカオ分15%以上・ココアバター3%以上。脂肪分18%以上で、水分3%以下であること。

--準ミルクチョコレート生地--
カカオ分7%以上・ココアバター3%以上。脂肪分18%以上で、乳固形分12.5%以上・乳脂肪分2%以上。水分3%以下であること。


-----チョコレート製品-----
上記「ミルクチョコレート」「準ミルクチョコレート」の種類別名称は、それぞれ「チョコレート」「準チョコレート」として扱われる。

--チョコレート--
チョコレート生地そのものか、チョコレート生地が60%以上のチョコレート加工品。チョコレート加工品とは、チョコレート生地を全重量の40%以上使用したもの
チョコレート加工品のうち、クリームを全重量の10%以上含み、水分10%以上である製品は、「生チョコレート」を称することができる。

--チョコレート菓子--
チョコレート生地が60%未満のチョコレート加工品

--準チョコレート--
「準」は正しくは準に○囲み。準チョコレート生地そのものか、準チョコレート生地が60%以上の準チョコレート加工品

--準チョコレート菓子--
準チョコレート生地が60%未満の準チョコレート加工品



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クレープの材料 生クリーム

クレープに包むものとして、最近の定番になった生クリームですが、みなさんよく勘違いされることが多いので、記事にしました。

『ウィキペディア(Wikipedia)』に詳しく載っていたので、こちらを参考にしてください。


クリーム (cream) は、脂肪とたんぱく質が濃縮した濃厚で、白色や薄黄色の液体。原則的に牛乳の成分からできたものである。


-----生クリームとホイップクリームの格差-----
日本では牛乳が比較的高価なため、植物油を泡立て、クリームと似たような形状と色にした“ホイップ(クリーム)”という代替品ができている。真のホイップクリームはクリームをホイップした(泡立てた)だけの物なので、商品にはホイップクリームという表示はされていない。模造品のホイップクリームとの区別が明確になるように、本物のクリームを生クリームと俗称する。

ホイップ(クリーム)以外の“クリーム”類は(下記参照)すべて牛乳でできており、乳等省令の分類におけるクリームは、「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分が18.0%以上にしたもの」と定義されている。

この海外食料品の主な素材が日本で高価なために、国内のより安い素材で代替されるという発展は、ビールと発泡酒の関係やチョコレートのココアバターの代替と似ている。


-----作り方-----
精製していない乳を加熱殺菌した後、放置したり冷却すると上にクリームが分離してくる。これを使うのが原始的な方法。

牛乳からはそれほど取れないが、水牛乳から多く取れる。水牛乳のクリームはナイフで切れるほど濃厚であり、トルコ語でカイマク(kaymak)と呼ばれる。中東では、デザートに添えるクリームには水牛乳のクリームが好まれる。


-----クリームから作られる製品-----
バター - 激しく攪拌すると脂肪分が分離してバターになる。

ギー - 精製バターとも呼ばれる。澄ましバターの一種。バターから水分と乳蛋白を取り除いたもの。バターを低温で加熱撹拌して、乳蛋白を沈澱させて作る。

ヨーグルト - 通常は乳から作るがクリームを発酵させて作るのもある。

アイスクリーム - クリームのみ、またはミルクと混ぜて作られる。

サワークリーム - 生クリームを乳酸発酵したもの。